注射だけで高い効果が得られるアンチエイジング|美容通信

ボトックスの豆知識

医者と看護師

注射したあとの注意点

高いアンチエイジング効果があるプチ整形がボツリヌス毒素の注射、ボトックス注射です。ボトックス注射をするだけで、気になるシワがなくなります。ボトックス注射をする場合、注射をした後に注意点があります。ボトックス注射をしたあと4時間は体を横にしてはいけないことになっています。横にすると注入したボツリヌス菌が他の部位に移動してしまうためです。また、強くマッサージをするのも厳禁です。マッサージをしてもみほぐすと、ボツリヌス菌が広がってしまい、アンチエイジング効果が低下する場合があります。ボツリヌス菌は熱に弱いため、ボトックス注射をしたあと2週間くらいは温泉、サウナ、岩盤浴などを控えることをおすすめします。自宅でシャワーをしたり入浴したりすることは問題ないですが、過度な入浴や熱いお風呂に入るのは禁物です。口元にボトックスをした場合、顎の筋肉を使いすぎてしまうと筋肉が発達して効果が弱まることがあります。念のために、するめやおせんべいなどの固い物をあまり食べすぎないことをお勧めします。

簡単にシワがなくなる

ボトックス注射は筋肉を一時的にマヒさせることができる注射です。注入剤であるボツリヌス毒素には、筋肉に命令を与える神経伝達物質をシャットアウトする効果があります。ボトックス注射をすると表情筋の働きが低下して、表情を作ったときにシワがほとんどできなくなります。笑いジワがきになる人でもシワができなくなるので思いっきり笑えるようになります。ボトックス注射は注射だけでシワがなくせることから、アンチエイジングができるプチ整形の定番人気となっています。アンチエイジングだけではなく、多汗症やわきがの改善、フェイスラインの修正、ふくらはぎの筋肉の縮小、ガミースマイルの改善などにも有効です。すべての施術は注射をするだけでできます。ボトックス注射は施術料金もお手頃です。目尻の小ジワなら2万円、額の横ジワなら3万円、フェイスラインの修正なら4万円程度で受けることができます。多汗症の治療でボトックスを利用する場合は保険が適用されるので、お手頃に気になる汗を抑えることができます。